睡眠時間と成績

今から書くことはデータに基づくものではございません。

私の経験の話です。

「睡眠時間を多く確保している生徒で成績が悪い生徒を見たことがない。」ということです。

睡眠時間は大切なものです。昔は寝ないことがかっこいいみたいな風潮がありましたが(笑)

例えば、睡眠時間を8時間以上確保すると・・・

・起きている時間のパフォーマンスが上がる 

・寝る時間を確保するために、早め早めの対策を行う

二つとも効率が上がるということで共通していますが、いいことばかりです。

私の体験談なので、あくまで目安ですが、最近ふと思い出して思ったことです。

成績を上げたい人は早めに寝て、睡眠時間を確保しましょう!

智学堂通信 読者登録

ご登録いただけますと、智学堂の最新情報をメールでお知らせします。

次の記事

2021年度8月個別指導