何を望まれますか?

いろんな意味であまり選挙のことは書かない方がいいのですが・・・少しだけ。

選挙が近いですね。いろいろな場所で演説をしたり、選挙カーで走ったりといろんな活動をされていますね。私はどの投票にも行くようにしていますが、これといってどこの党とか拘りはありません。

どういう形であれ全員が総じて満足することは難しいと思っています。

それならば仕事柄もあるかもしれませんが、「若者にとって未来のある政策」を期待しています。

若者にとってということは、学生(未成年)だけではなく、その保護者までのことを考える必要があると思います。

単純にそれしか望んでいません。そこには、安全保障の問題やそれ以外の様々な問題も含みますが、大きな視点で考えた場合です。

おおよそほとんど人は、若者のために!と思っているのではないかと思っています。

当然、自分の力でなんとかできる部分はなんとかしようとするべきですが、根本的な制度などは政策ありきだと思っていますので。これは地方自治も同様です。

そのためにも若者は現在の社会の仕組みをわかる必要があります。

特に公民ですね。公民が好き、といった感じが今年の中3には多いことはいい傾向かと思います。点数は別にして笑

ちなみに勘違いしていただきたくないのは、何も年配の方を軽視していいとは思っていません。優先順位の話ですので。

昨日より各ブログ記事の下に、GOODマーク(手のマーク)を追加しました。内容がよいと感じましたらGOODボタンを押していただけると私、新村が喜びます。過去の記事でも構いません。

押されて方の情報は取得できませんので、ご安心ください。

また、コメントも入力いただけます。何かご質問などございましたらご入力ください。

智学堂通信 読者登録

ご登録いただけますと、智学堂の最新情報をメールでお知らせします。

次の記事

2021年度冬期講習会