ぜひ、学生に読んでほしい

中学生、高校生くらいの悩みは非常に大きくいろいろなものがありますよね。友達関係、クラブでの立ち位置、成績、自分がどう見られているかなど様々な悩みがあると思います。それと同時にみなさんのご両親も様々なことで悩まれています。

コロナも含めてですが、それ以前からなかなか大変な世の中になりました。昔みたいに給料が簡単に上がるわけではないですし、40代の人は特に就職氷河期を経験し、社会保険料も以前よりぐんと上がりとなかなか大変な世の中です。社会の中では勝った負けたの攻防が繰り広げられ、なかなか心が休まる瞬間はおとずれないことも多いと思います。今後のこと、家のこと、ローンのこと、老後の不安、、、数えればきりがありません。

加えて、子供の勉強や受験での気苦労も含めると心落ち着く時が少ないことが多いと思います。「いやいやうちの親はそんなことない。それなら、口出しせずに黙っておいてくれ」などの意見もあるかもしれません。

ただ、一つだけ、知っておいてください。あえてそうでない可能性を考えずに、お伝えします。みなさんのご両親はみなさんの味方です。無条件にです。そこに損得勘定はありません。

だからと言って、ご両親に意見してはいけないわけではありません。自分の意志を通すことも大切です。自分のしたいことをしっかりと話すことも大切です。皆さんも一人の人間ですから主張することもできます。そうすると喧嘩になることもありますが、それでもご両親は味方なんです。皆さんは嫌いになることはあるかもしれませんが、皆さんを嫌いになることはありません。

塾なんて行かせてもれているならそれこそ感謝しなければなりません。

他の習い事も含めてさせてもらえているならそれも感謝しなければなりません。

しなければならないはあまりよくないので、自然とそのような感情が生まれればいいですね。

自分の今やりたいこと、ただ遊びたいだけではなく、何かの目標に向かって頑張ることを見つけて健康で頑張っていれば、多少のことでもご両親は嬉しく思って過ごせます。何事にも楽しみながら頑張りましょう!

智学堂通信 読者登録

ご登録いただけますと、智学堂の最新情報をメールでお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

志望理由は必要?