定期テストは終わったときが大切

準備が大切なことは言わずもがなですが、テストは終わって結果が返ってくるまでが大切です。結果が返ってくると点数に意識を持っていかれるため、どうしても次どうするかを考えることが曖昧になります。点数が返ってくるまでなら、準備において何がよかったか、また何がよくなかったかが見えてきます。本気で準備をした人はすぐにどう次は勉強すべきかを考えるようになりますが、行き当たりばったりの準備の場合は、テストが終われば終わった~とお休みモードになります。

と言いましても、先ほどの見直しはそれほど時間がかかるものではありません。

それをできるかできないかが成績を常に取る生徒とそうでない生徒の分かれ道なのだと思っています。塵も積もれば山となる。ですね。

テスト後すぐに勉強をしている人は明らかに少数なわけですから、そんな時に勉強すれば人と差をつけることができます。単純なことなのですが、これが分かっていても行動にならない一つの要因は、本人の中での「成績を上げたい」という願望がないケースがほとんどです。なので、本来は願望をまず持たせることが大切で、そこに責任はとりあえず考えないことが近道だと思います。