学校のテストと実力テストの勉強方法

学校の定期テストと実力テストでは問われていることが少し異なります。

教科によっては、完全に異なるものもあります。

特に国語は定期テストと実力テストでは勉強方法が異なります。

例えば、私。。。国語的センスは皆無で高校受験に時、いつも国語が足を引っ張っていました。

その壊滅的な国語なのですが、定期テストでは中3では90点を割っていません。

ただし、駿台模試の国語の偏差値は38くらいを取っておりました。

つまり、定期テストと実力テストの勉強方法が異なることの一つの証明となります。

ここを混在して、とりあえず実力つけたらいいんでしょ。とか、定期テストで点数取れているんだから実力も取れるよね。というのは、少し違っていると思っています。

当然、両方取れる人もいるんですが、その生徒からしても定期テストの国語は暗記と言っているので、勉強方法が異なることの証明になっているかと思います。

そんなわけで、目的に応じた勉強を一緒にしませんか?

ご興味がある方はぜひ、お問い合わせください。