季節講習会の大切さ

春期、夏期、冬期と講習会は年で3回実施ていますが、指導していてこの期間は大切だと感じます。

春期講習会は新たな学年になることで完璧な復習に時間を費やすことができ、余裕をもって先取りもできます。何よりも中学生においては定期テストの勉強に左右されない実力が養成できる期間です。

夏期講習会は長い時間を使って復習もでき、先取りもできと春期と似ていますが、とにかく子供たちに接する機会も多くなるので、様子の把握も考えると抜群の時間です。

冬期講習会は、、、、書こうと思いましたが、ほとんど同じことだなと思い、省略します。ちなみに中3にとっては、なくてはならない時間です。

つまり、すべての共通することは定期テストの勉強に左右されない「本物の学力」を身に付けることができる時間ということです。

定期テストがなくなれば、ある意味必要ない時間になるのかもしれないと私は考えています。